実例:イメージコンサルティング

プロコラボ,カラーコンサルティング,草木裕子氏,カラーセラピスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、服のセレクトについては、イメージコンサルティングを参考にしてご本人が撮影当日、持参されました。

パーソナルカラーコンサル時に似合う色を記録していき、また参考にしてもらうためのカラーチャートもオリジナルで、ご本人だけのチャートを制作・ご提供。

結果、それを参考にすることで、ご自分でも服の選択が可能になったわけです。

  ▼ ▼ ▼

写真撮影後の仕上がりをご覧ください。> こちら

 

【プロコラボ】の支援については

お気軽にお問い合わせください。> お問い合わせフォーム

 

 

 

 

【草木裕子さんについて】


「アトリエ[for me]」主宰の草木裕子さんは、関西でも屈指のカラーコンサルタントさんです。

「カラー」という概念がまだ日本でも珍しかった2000年にオーラライト本部イギリス(現在はオーストラリア)での研修を終了。

以降は、内装のコンサルティングやパーソナルコンサルティング、ビジネスコンサルティングなどで活躍。主宰の学校では多数のカラーセラピーストを輩出し、カラーの世界でもたくさんの生徒さんを持つ方。その言葉には体験に裏付けられた説得力があり、「色の専門家」です。

 

実は、私も草木さんに出会うまでは「色」の持つ力をそれほど意識していませんでした。しかし、色が経営者の方々に与える「意識の力」と有効性を知ってからは、「独自の色を知り、色も含めて発信することは、広く社会に認知されるための重要な手段」だと捉えるようになりました。

 

色の力。ぜひ上手に使ってみてくださいね。 (取材・文責/前田めぐる)