プロのクリエイターによる更新しやすいHP

「数年前につくったブログが更新せずにほったらかし」

 

「プロのデザイナーにつくってもらったけれど

 更新がむずかしくて」

 

「ウェブに詳しい友人につくってもらったHP、

 仕事で使うにはいまいちプロらしさが感じられない」

 

そう思ったことはありませんか?

 

Web2.0から、ソーシャルメディアの時代へ。

個が自由に発信できるようになった今、

Web2.0初期につくられたHPの見直しが始まっています。

 

もしかしたら、あなたはすでに気づいているかもしれません。

「ひとまずつくっておこう」とつくられたHPや印刷物が

色あせ、機能しなくなっていることを。

当時は新しく感じられた表現も、いつしか手あかがついたものに

なってきたことを。

 

なぜ?

 

それは、ソーシャルメディア時代では

 顧客の側もプロだからです。

 

日々、あらゆる表現にふれ、自らも発信する顧客にとって

「仕事に対する本気が伝わるHPであるかどうか」は

一目瞭然。

 

知らないうちに、「NO」の判断をされ

知らないうちに、潜在的顧客が背を向け

立ち去っていることはしばしばあります。

 

遠のいていく足音に、あなたは気づいていますか?

つまりは、こういうことなんです。

    ↓ ↓

そこにあなたのオリジナルはありますか?

 

顧客にとって分かりやすく、信頼性が高い。

あなたにとって使いやすく、更新しやすい。

第三者にとって、関心がわき、会いたいと感じさせる。


それが、プロフェッショナルの考える「信頼されるHP」です。

 

そこでは、あなた自身、あなたの会社が

借り物でない言葉で、借り物でないデザインで

表現されていなくてはなりません。

 

自分たちでつくったHPやブログは

確かに更新しやすいかもしれませんが

最初から最後までプロらしさが感じられないかもしれません。

 

終始プロの手によってしか更新できないHPは

いくらデザインがよく、かっこよくても

更新が面倒でいつの間にか、

つくりっぱなしになってしまうこともあります。

 

自分たちで更新しやすく、

しかもプロフェッショナルを感じさせる。

そんなHPはありそうで、ありません。

 

そこでプロのクリエイター達が考えました。


・プロの手による高い表現力で、信頼性の高いHPをスタートさせ

・クライアント社内で自分たちで更新を継続できる

 

そんな仕組みをつくることができたら、と。

 

実はこれまでプロのクリエイターにも悩みがありました。

---------------------------------------------------------------

・いくら自分の専門分野で高品質な仕事をしても、

 それ以外の部分で評価が落ちてしまう

 

・自分たちはいつだって、プロフェッショルとして

 最大のパフォーマンスを発揮したい

 

・プロ同士で仕事をしたいのに、パートナーの上司が新人を派遣。

 「面倒見てよ」といわれ、社外なのに「営業と教育係」を

 押し付けられたような状態に。

 

・パートナーの営業担当者があり得ない格安の見積もりで仕事を獲得。

 自分のパート以外は素人同然。

 

・せっかくいいデザインと気に入ってくれたのに

 ライティング料が捻出できず、コーディング担当者が書く羽目に。

 

・各パートで最大のパフォーマンスを発揮できる報酬が約束されない。

 

・誰に頼んだらいいか分からないクライアントの悩みを解決したい。

---------------------------------------------------------------

 

さまざまな分野のプロフェッショナルが集まっている

キョートコラボだからこそ解決できる問題が

ここにあると考えました。

 

顧客にとって分かりやすく、信頼性が高い。

あなたにとって使いやすく、更新しやすい

第三者にとって、関心がわき、会いたいと感じさせる。

 

そんなHPを実現するために


・プロのクリエイターが納得できるパートナーと出会い

 最大のパフォーマンスを発揮できることが大切

 

そして実現したのが「プロコラボ」

 

クライアントにとっても、


・プロに頼んだつもりで、実はwebデザイナー以外

 写真も文章もほとんど素人によるものだった

・かっこいいけれど、更新できず放置状態になっている

・プロに頼んだつもりで、実は社内の新人教育費用も付加されていた


などという心配はありません。

 

すでに表現のプロフェッショナルであるクリエイターのみで担当し

最大のパフォーマンスを発揮し、制作します。

 

プロのクリエイターによる「プロコラボ」始まります。