ビジネスコーチ 戸田紳司氏のHP

開眼経営コーチング,戸田紳司氏,

京都のビジネスコーチ・戸田紳司氏のHPです。

現在進行形ですが、このブログで一足早くご紹介いたします。

 

リアルでの評判がまず先にあり、すでに一線級のビジネスコーチとしてご活躍中の戸田紳司氏より直接ご依頼を受け、企画が立ち上がりました。

 

真っ先に感じたのは、「リアルでの発信力とご本人の実績にネットが追いついていない」ということでした。

すでにお持ちのHPでお使いの写真よりも、実物のほうがずっとイメージが良かったのです。また、ご本人も他の方にはない独自のコーチングスキルを表現するのに「ふさわしい言葉」を持ちたい、とお考えでした。

つまり、ネットのレピュテーション(評判)より、実力と体験値のほうがはるかに上回っているという印象でした。

 

実物の方が素敵なのはそれだけご本人が若々しいわけで、良いことでもあります。しかし、会ったことがない方にしてみれば「写真が全て」で、「写真=その人」というくらい、写真の印象が大切です。

だから、こだわらないともったいない、のですね。

 

直接言葉を交わし、その笑顔にふれてすぐに分かる包容力と寛容性、そして何よりクライアント自身も気づかない視点を対話により引き出すことのできる、圧倒的な実力。

それらがもう、すでに備わっている戸田氏については、「ご本人の実力に、イメージを追いつかせる」ということが課題でした。

 

つまり、イメージアップではなく、イメージアジャスト(=image adjust)。

本来とは異なるイメージを無理につくりこむのではなく、もともとお持ちの良さを引き出すようにするだけで良かったのです。

 

そのために必要なのは、まずコンセプト。

私(前田めぐる)は「ハッと目が開かれるような鮮やかな対話力」「第3の視点」「開眼経営」というキーワードに託しました。

 

しかし、当然言葉だけではHPはできません。

 

ビジネスコーチとしての安心感、信頼感をしっかり表現するために

それぞれのプロフェッショナルにご依頼しました。

 

・イメージコンサルティング(草木裕子さん)

・ヘアメイク(山城多香子さん)

・プロフィール撮影(粟辻順恭さん)

 

 ▼  ▼  ▼

従来の写真よりも、顔色が明るく自然に見えます。これは右の写真がヘアメイクをしているからではなく、シャツの色が違うのです。

左の写真は真っ白のシャツですが、右の写真は淡いクリーム色のシャツを合わせています。「顔に近いシャツ・ネクタイ・上着の選び方で、お顔映りはぐんと明るく自然になります」

    (カラーコンサルタントの草木裕子さん談)。

戸田コーチには、コンサル時のコーディネイト写真やオリジナルのカラーシートをお渡し。これにより、ご自分でも組合せを整えていただくことができました。ショッピングやコーディネイトの参考になるものです。

 

休日は少年野球のコーチでもある戸田氏。

草木さんの「オレンジや明るいブルーも合いますよ」とのアドバイスに「持ってます!」とのこと。少年達に元気な声をかけるときに、ぴったりの色ですね。

 

また、ヘアスタイルについて言えば、実際の髪のボリュームは全く変えていません。むしろ部分的にカットした箇所もあるのです。

(と言うと、たいていの方は驚かれます)

ブロー&スタイリングににより、トップと左右のバランス、ラインを変えただけで、ボリュームが出て若々しさが感じられるようになりました。

キャリアの深い、ヘア&メイクのプロ 山城多香子さんならではのテクニックです。

 

メイク?ほんとにしてるの?どこどこ?と思いますよね。男性の場合は、このあと人と会われても気づかれないほどの超ナチュラル。

しかし、素肌以上に素肌で、顔色もよく、何より目力が増していると思えるはずです。

 

この写真以降「次にプロフィール写真を撮るときは、カラーコンサルやヘアメイクも取り入れたい」というお問い合わせが増えています。

 

せっかく実力があるのに、写真のせいで損をしてしまうのはもったいないこと。

プロコラボのチームで、まずは関西にかっこいい経営者さんを増やしたい!と考えているところです。

 

お気軽にお問い合わせください。> お問い合わせフォーム